2008年05月28日

一人遊びのツキノワグマ、クラウド君

クラウド
6年前イノシシ用の罠に親子でかかりました。
母熊は罠から逃れようと、大暴れをしていました。
小さな子グマを連れたお母さん熊は、特に危険なことで知られていますが、このような状況では、あまりにも危険なため、親子をわなから出してやることもできません。
お母さんグマは仕方なく射殺されてしまったのです・・・・。

残された子熊は捕獲地の名前からクラウド(雲)と名付けられ、広島市安佐動物公園へ預けられました。

母のいない寂しさからか、一人遊びを覚え、手で木の枝を回すようになったのです。

そしてカンフーかバトン回しのような遊びは、たちまち子供達の人気を集めました。

広島カープ栗原選手のバッターボックスの仕草とよく似ていたので、栗原選手から赤と黒のバットを貰い、今ではバットを廻しています。

大人の一人遊びと言えば、パチンコ・スロット・競馬・競輪と家族が喜ぶものはありませんが、クラウド君の一人遊びのおかげで、動物園は大喜びです。

ムチと飴で仕込まれた芸は悲しさを感じますが、一人遊びのクラウド君は楽しそうです。

動画はここにあります。


ちなみに私は悪い一人遊びは一切いたしません。
本当です!
posted by white9 at 17:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。