2007年07月30日

足の小指がかわいそう…

昨日は投票日という中、中心街へと買い物に出ました。
本通りというところで、中央通りを渡ると「流川」流川通りを渡ると「薬研堀」と飲屋街が続きます。

一通りすませたとこで、そごう本館の中華を食べに行った。
隣は観光客らしく、大阪のお姉〜ちゃん4人組。
これが五月蠅いのなんのって、大阪弁で喋りまくる。
言葉の具合から河内か和歌山らしい…

この4人組が大声で喋るもんで、今回の旅行と生活が全て理解できた。
仕切があって顔は見えないが、話しぶりから22〜3才と思う。

A子ちゃんはの上司は汗くさいセクハラ親父。
彼氏は優柔不断でHが淡泊。

B子ちゃんは遠恋中だが、大阪にH友が居る。

C子ちゃんは現在フリーで無料の合コン大好き。

D子ちゃんはこの旅行中に一人だけ朝帰りをした強者。


息子があきれて「女ってこんなこと話すん?」って聞いてきた。
4人組が帰った後は異常に寂しい食事となったが、
餃子・フカヒレスープ・麻婆豆腐が美味しかった。
夫婦で紹興酒を2本開けて帰宅。
珍しくすぐにテレビを見ながら歯みがきしてたら、
泡がこぼれそうになり洗面所に行こうとして、
ぶつけた。
柱に足の小指を!
歯ブラシを落としてうずくまったが、痛いのなんの、
涙が出てきた。

大笑いする嫁と息子の声がムカツク!


すぐに湿布をして靴下を履いて寝たけど、今朝小指を見るとムラサキになっている。
靴を履くのはつらいのでスニーカーを履いて出社したが、情けなくてもう帰りたくなってきた。

でも、ぶつけるのは何時も右足の小指なのはどうしてなんだろう?
歩くと痛いよう〜〜〜(;_;)


posted by white9 at 19:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
リンク集
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。