2012年12月08日

「ミルク」

『おっぱい』の次はミルクではない。このミルクはアメリカで’70〜’80年代に活躍した政治家ハーベイ・ミルクの半生を描いたもの。自ら40歳になって『ゲイ』を公表した彼が、その『ゲイ』たちの人権を守るために政治家を目指し、、、というストーリー。 主役を演じたショーン・ペンは今年この映画で2度目のアカデミー賞主演男優賞を獲得した。彼の演技には納得させられる。
ラベル:広島 映画
posted by white9 at 14:37| 広島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。